写真加工を一発で見抜く技術を伝授!

>

画像加工を見抜く必要があるのは?

男性に忠告!パネマジにだまされない方法

画像加工が当たり前になっている業界といえば、やはり夜の商売が挙げられます。
とくにキャバクラでは「パネルマジック」といって、PR用の写真と実物のイメージが違うことはもはや常識であり、別人のように見えるケースさえめずらしくないと言います。
パネルマジックのポイントは、シワ取りと小顔です。
ほとんどのキャバクラでは年齢の若いコンパニオンのほうが人気が出るわけですから、宣伝用写真では余分なシワを消し、1歳でも若々しく見えるような加工が施されます。
また、シワを消すことによって顔の輪郭がシェイプアップされて見え、結果として一定の小顔効果が期待できます。
パネルマジックを見破るテクニックも一部では開発されていますが、それもふくめて大人のたしなみということで、あえてだまされてあげる、というぐらいの気持ちのほうが夜の世界を楽しめるのかもしれません。

出会い系で注意!悪質な画像加工

女子中高生が加工した画像をSNSにアップして楽しむ、という程度であればもちろん問題はありませんが、プロが金銭目的で写真を加工するとなると実害をともないますし、より悪質になってきます。
男性であれば、一度は出会い系サイトを利用したことがあるのではないでしょうか。
あるいは現在進行形で、理想の相手をネットで探しているかもしれません。
出会い系サイトに登録している女性のうち、画像をあきらかに加工している女性はサクラと見て間違いありません。
とくに写真にぼかしがかかっていたり、モデルの宣材写真並みにグレードがかかっている写真はアマチュアではなかなか撮影できるものではありませんし、また、そこまで加工する必要もありません。
きれいなバラにはトゲがあるとは、まさにこのことなのかもしれませんね。


この記事をシェアする