写真加工を一発で見抜く技術を伝授!

>

進化がとまらない写真加工

パターンいろいろ!スマホの加工技術

写真加工の見抜き方について把握する前に、まずは加工パターンについて理解しておく必要があります。
スマホ対応の画像加工アプリには写真をデフォルメして楽しむものから、リアルさを追求して被写体をよりきれいに見せるためのものまで幅広いバリエーションがあります。
加工がわかりにくいのはリアルに忠実なパターンであり、仕組みを理解していなければアマチュアが一発で見破るのはまず不可能といっても良いでしょう。
画像加工には明るさを調節する、シャドウを入れる、パーツを入れ替える、などの手法があり、一般的なレベルでは明度調節やシャドウの挿入が用いられます。
中高生の間では目を大きくする、瞳の色を変える、色白にするなどの加工はもはや基本であり、当たり前になっているようですから、男性はだまされないようにしましょう。

写真加工を一発で見抜くポイント

プロ仕様の加工ならともかく、一般的にダウンロードされているフリーの画像加工ソフトにはそこまで複雑な加工のアルゴリズムは使われていません。
したがって、画像加工の基本的な仕組みさえ理解していればアマチュアでも比較的簡単に画像加工の箇所を見抜き、正しい画像に修正することができます。
加工を見抜くポイントは、影です。
複数のパーツを再構成するタイプの加工の場合、つなぎ合わせたパーツの境界線のあたりにどうしても不自然な影ができます。
市販の加工アプリレベルの画像修正程度であれば、画像の影に注目することでかなりの修正を見抜くことができ、なおかつ正しい画像を具体的にイメージすることができます。
もう少し複雑な加工でも、保存ファイルのソースコードを解析することで修正箇所を特定することができます。


この記事をシェアする