写真加工を一発で見抜く技術を伝授!

本物か加工か?写真の加工を見破るテクニック

進化がとまらない写真加工

スマホで撮影した写真はまず加工するのが常識とまで言われるほど、画像加工アプリの性能は日進月歩の勢いで進歩しています。 写真の加工を見抜くテクニックを身につけることで、ネット上にあふれる不確かな情報を選別するスキルを向上させることにもなり、メディアリテラシーの構築にもつながります。

画像加工を見抜く必要があるのは?

男性の皆さんは「仮に画像が加工されていてもあえて見抜く必要はない」と思われるかもしれません。 しかしながら、画像加工の中には法律に違反しているものもあり、悪質な犯罪に巻き込まれないためにも加工画像を峻別するスキルを身につけておくことが大切です。

画像加工の歴史をたどる

画像を加工する女性たちの心理の背景には、「今よりもさらに美しくなりたい!」という強い思いがあります。 そしてその思いは、スマホがなかった大昔でも、これからおとずれる近未来でも決して変わることはないのです。 時間軸をさかのぼることで、画像加工に隠された女心を知ることができます。

写真加工を手早く見抜くポイント!

SNSによるアマチュアの画像投稿が当たり前となった時代。
カメラの性能のみに基づいてスマホのモデルを選択するユーザーはもはや珍しくはありません。
スマートフォン対応の画像加工アプリは、コアなユーザーから初心者までの幅広いニーズを反映するように設計されているので、シンプルでも非常に奥深く、誰にとっても使いやすいのが特徴です。
スマートフォンの場合、ピクセル数などの基本的な仕様はあまり変わっていません。
最新のモデルで注目すべきことは、デュアルカメラとズームのパフォーマンスであり、この2つを軸に、シリーズ史上最高レベルともいえるカメラパフォーマンスを実現しています。画像加工の仕組みは初心者にとっては分かりにくいかもしれませんが、初心者でも覚えられるようにシンプルな機能を備えています。
初期の画像加工といえば写真を少し変形させる程度のものでしたが、最近では子どもの運動会など、比較的動きの激しい動画を無理なく加工できるアプリも増えてきました。
4K画像対応のスマホも主流になりつつあるため、ハイビジョン並みの鮮やかな動画を小型カメラで撮影し、アプリで加工することも容易になりつつあります。
写真加工の技術が進歩するにつれて、それに惑わされる人たちも出てきます。
たとえば友人にひとりの女性を紹介されて会ってみたら写真とまったく印象が違っていた、ということはよくあることです。
その程度なら罪はありませんが、画像加工そのものがプレッシャーとなり、本当の自分がわからなくなってしまうと心の病につながってしまいます。
写真加工の上手な見抜き方についてまとめました。